脚気になってしまったの原因!

脚気は日本では戦前は多くみられた病気で、亡国病と呼ばれ恐れられていました。脚気は、ビタミンB1が不足して起こる疾患で、全身の倦怠感、食欲不振、足のむくみやしびれなどの症状があらわれます。それでは、脚気が起こした原因及び症状などをまとめます。早漏

脚気の主要な症状は脚気の初期症状は食欲不振が言われています。次に出てくるのがだるさです。特に下半身、足などのだるさ、倦怠感がでると言われています。さらに進行していくと足だけにとどまらずに手にも症状が出て、手足に力が入らなくなり、寝たきりの状態になることもあります。

原因は以下どおりです。

偏った食生活
清涼飲料水やインスタント食品、アルコールなどに多く含まれる糖質を分解するには、ビタミンB1が必要不可欠です。そのためこれらの食品を大量にとりすぎると、分解にビタミンB1が使われて体内で不足し、脚気を引き起こすことがあります。シアリス

体に取り入れにくいビタミンB1
ビタミンB1は水に溶けやすいため、調理のときに栄養が失われてしまうことが多いです。さらに摂取しても体に吸収されにくく、吸収された後も体外へ排泄されやすいという特徴があります。そのため、実際に摂取できるのは、元の食品に含まれる量の約半分くらいともいわれていま す。このように、ビタミンB1は非常に取り入れにくく、不足しやすい傾向にあります。